カテゴリ

グラフ旭川 女性市議リレーレポート(連載中)
この20年女たちは・・・そして明日へ 〜ウィメンズネット旭川20週年に寄せて〜
「輝く女性は千手観音?」
「女性議員が増えたら、まちは変わる!」
[ その他のバックナンバーへ ]
グラフ旭川 -女(わたし)たちから女(わたし)たちへ-(連載中)
離婚家庭のこどもへの悪影響を防ぐために
[ その他のバックナンバーへ ]
グラフ旭川 議会珍道中
第140回最終回「選挙公約」をチェックしよう!
第139回「議員の期末手当の増額に市民理解は得られるのか?」
第138回「冬季オリンピックの部分誘致を!」
第137回「市長選挙が終わって、次は総合計画策定!」
第136回「市長選挙に思う」
[ その他のバックナンバーへ ]
SALA(ウィメンズネット機関誌)
キューバ横断、民宿の旅
敗戦から70年、沖縄から考える日本の今
“イクボス”は中小企業の救世主?!
第2分科会DVサポートスタンダード
不妊対策推進事業費NO2
[ その他のバックナンバーへ ]
グラフ旭川 ずっこけ介護バトル
第10回
第9回
第7回
第6回
第5回
[ その他のバックナンバーへ ]
議会関連文書
平成18年度第3回定例議会 一般質問(9.20)
平成18年度第2回定例議会 一般質問(6.27)
平成18年度第1回定例議会 意見開陳(3.24)
平成18年度第1回定例議会 総括質疑(3.22)
平成18年度第1回定例議会 大綱質疑(3.7)
[ その他のバックナンバーへ ]
レポート

SALA(ウィメンズネット機関誌)

« 第2分科会DVサポートスタンダード | SALA(ウィメンズネット機関誌)のTOPヘ | 敗戦から70年、沖縄から考える日本の今 »

“イクボス”は中小企業の救世主?!

育児を積極的にする男性を総称する「イクメン」という言葉はかなり浸透してきた。「イクボス」とは、育児をする人に理解のある上司ということらしい。先日、市内企業向けに市が開催した「イクボスのすすめ」という講演会に行って来た。

講師の徳倉康之氏は、妻の出産をきっかけにイクメン(当時イクメンという言葉もなかった)になり育児休暇を取ったが、当時勤めていたが会社からはなかなか理解が得られなかった。NPO法人ファザーリング・ジャパンに所属して講演活動などを行ううちに、会社を辞め、育児に関することなどを企業などにアドバイスしたり、講演活動を行う会社を立ち上げた。

講演では、「これからの人が辞めない会社とは〜イクボス・業績向上と社員満足を実現する組織の創り方」と題して、企業が従業員の育児や介護に理解を示すことで、いかに従業員の定着率が上がり、企業にとってお得なのかということを事例やデータを使って解説していただいた。

パネルディスカッションでは、旭川の企業から北海道療育園と極東警備保障が参加して、自社の取り組みを紹介した。

興味深かったのは、極東警備保障の取り組みで、担当者いわく「自社は給料を上げるなど金銭面で社員を優遇することは難しい。しかし社員定着は企業経営の要である。そこで止むにやまれず打ちだしたのが、家庭の事情という理由で休みやすい体制を整えることで、社員満足度を上げること。取り組みをしたことで、金銭的な優遇はできなくても社員満足度が上がり、定着率がアップした。」という報告だった。

中小企業はどこも給与などでは大企業のように優遇することは難しい。福利厚生も金銭面では劣ることが多い。しかし、「イクボス」的会社になることは、会社にとってさほど難しいことではない。会社の理解と姿勢、「お互い様」という社員同士のコンセンサス(複数の人による合意)が得られれば可能である。

「イクボス」的会社になることは、企業経営の鍵であり、要であり、救いの手であると思った。

このページの先頭へ

Copyright (C) Atsuko kubo All Rights Reserved.