カテゴリ

エントリー

バックナンバー

???????

お知らせ

???????のTOPヘ

 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18 | 19 | 20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31  32  33  34  35  36  37  38  39 すべてを表示

第5回クボアツまちづくり学習会が終了いたしました♪

5月22日(火)開催「第5回クボアツまちづくり学習会」に多数のご参加をいただきありがとうございました

今回は「学校給食について」開催し、市職員の方からの説明を伺いました。参加者の方々から今回もたくさんのご意見・ご要望が出され、市民の皆さんが学校給食について真剣に考え、給食の問題点を出し合い、子ども達への安全を考え、よりよい給食を願っているとひしひしと感じた勉強会でした。
これからも積極的に情報提供し、市民の声を行政に届けていきたいと思っています。

来月6月から、第2定例議会が始まります。さらに学校給食事情も含め、旭川の食育状況、地産地消状況と街全体の安心・安全な食生活なども一緒にまちづくりの活性化として市民の声を実現化させるべく議会に取り組んでまいります。

続きを読む "第5回クボアツまちづくり学習会が終了いたしました♪" »

第4回親睦パークゴルフ大会に参加しました

5月20日日曜日、久保あつこと創る未来ネット主催「第4回親睦パークゴルフ大会」に参加しました。

ご参加いただいた皆様、大変お疲れ様でございました。ありがとうございました。

成績はいつもの通り散々な結果でしたが、次回の大会も頑張りますのでよろしくお願いいたします

詳細は「後援会通信」よりご覧いただけます 

第5回みんなで学ぼう!クボアツまちづくり学習会のご案内

〜〜学校給食について〜〜学校給食を変える!

 

市は、来年度からの技能労務職廃止に向け学校給食の見直しを検討しています。
これまでほとんど進まなかった
★食材の地産地消
★アレルギー対応
★食材の契約栽培
★地元からの食材購入などを根本的に見直すチャンスです。
私は視察で、東京都の各区の給食と旭川市の給食を比べてみてビックリ!
東京都では「冷凍食品は使わない、有機栽培利用、アレルギ対応」など、
手作り感のある給食を提供しています。
また、食材の購入先は、第一に校区内、次に区内となっていて地元経済に貢献しています。
旭川市の給食の問題点を検証し、より良い給食を目指して学習し、
市の担当職員とざっくばらんに意見交換します。

と き:平成24年5月22日(火) 午後6:30〜8:30

ところ:ときわ市民ホール4F多目的ホール(旭川市6条通4丁目)

参加費:無料

申込み締切:5月18日(金) 当日参加も可

予約&連絡先:久保あつこ事務所 旭川市7条7丁目七福ビル2F

「漢人あきこ」氏講演会〜内部被ばく−こうすれば防げる!

「内部被ばく」こうすれば防げる!

−放射能を21年間図り続けた女性議員からのアドバイス−

■と き  6月9日(土) 

      午後2時 〜 3時30分

■ところ  サン・アザレア (旭川市6条通4丁目)

■資料代 500円 しょうがい者・高校生以下無料

◎詳細は、こちらよりPDFが開きチラシがご覧になれます ⇒ チラシ

【講師プロフィール】             

東京都・小金井市議 「みどりの未来」全国協議会委員 「小金井に放射能測定室を作った会」共同代表。83年から12年間、保育者として働く。86年のチェルノブイリ原発事故後、市議会に放射能測定器購入の陳情署を提出し、市民有志と「小金井に放射能測定室を作る会」を発足。2年半の市との協議を経て測定開始。以降21年間測定を続けている。97年、小金井市議会議員に初当選。現在4期目。            

【主      催】  みどり北海道準備会

【問い合わせ先】  久保   ☎090−6690−1300

「吉田 文和」氏講演会 〜原発0へのシナリオ〜

自然エネルギーで地域雇用と経済活性化

5月5日、こどもの日に日本中の原発が止まります。

福島原発事故の教訓から日本が脱原発に向かわなければならないことは明らかです。

でも、そのプロセスは?その後のエネルギー対策は?

北海道だからこそできる自然エネルギーへの転換は

地域経済を活性化させ、雇用を生みます。

自然エネルギーの経済効果を研究している吉田先生が

北海道の可能性と具体的な取り組みなど原発ゼロへのシナリオをお話してくださいます。

■と き  5月13日(日) 

      午後2時開場 2時30分開演

■ところ  勤労者福祉会館 (6条4丁目)

■資料代 500円 しょうがい者・高校生以下無料

◎詳細は、こちらよりPDFが開きチラシがご覧になれます ⇒ チラシ

【講師プロフィール】

            北大大学院ケ柄材研究科、公共政策大学院教授、経済博士

            持続可能な低炭素社会プロジェクトのメンバー。著書多数。

【主      催】  チーム「今だから」・幌延問題を考える旭川市民の会

【問い合わせ先】  チーム「今だから」   ☎0166−25−3169

 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18 | 19 | 20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31  32  33  34  35  36  37  38  39 すべてを表示

このページの先頭へ

Copyright (C) Atsuko kubo All Rights Reserved.