カテゴリ

エントリー

バックナンバー

???????

お知らせ

???????のTOPヘ

 1  2  3  4  5  6  7  8  9 | 10 | 11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31  32  33  34  35  36  37  38  39  40 すべてを表示

グラフ旭川掲載中♪「あっこの議会“珍”道中」最新更新しました

あっこの議会“珍”道中最新No.135を更新しました♪

メニューの「レポート」よりご覧いただけます 

あの脱原発タレント「山本太郎さん」が北海道にやって来る!!

山本太郎&広瀬隆講演会
 
あなたはどちらの北海道の未来を選びますか?
〜知事選で脱原発を実現しよう〜
 

広瀬隆氏講演内容      「原発停止と電気料値上げのウソ!」

山本太郎氏講演内容     「原発、国会ではどうなっているの?」

 

岐路に立つ私たち

 

一つの道は泊原発の再稼働を容認することでいつまでも原発依存から脱却できず放射能汚染の恐怖を抱えた「原発と核のゴミの北海道」への道。

もう一つの道は泊原発を再稼働させないことで「原発ゼロ北海道」を実現し、クリーンで豊かな北海道を目指す道です。

北海道の未来を考える時、私たちは安心して暮らせる北海道をこどもたちに手渡したいと思います。

そのためにお二人をお呼びして講演会を開催します、ぜひご参加ください。

 

札幌

 

とき   9月8日(月)午後6時半〜8時半

ところ  かでる2・7(中央区北2条西7丁目)

資料代 500円

連絡先 090-6260-7443(小林)

★街頭アピール 8日12時から、大通りに市3丁目西側

 

旭川

 

とき   9月9日(火)午後6時半〜8時半

ところ  勤労者福祉会館 大会議室(6条通4丁目)

資料代 500円

連絡先 090-6690-1300(久保)

★街頭アピール 9日午後5時から 買物公園アッシュ前

 

函館

 

とき   9月10日(水)午後6時半〜8時半

ところ  亀田福祉センター(美原1丁目26-12)

資料代 500円

連絡先 080-5590-4117(高橋)

★街頭アピールは未定

 

詳しくは、添付の資料をご覧ください。



20140901_k2.jpg

グラフ旭川掲載中♪「あっこの議会“珍”道中」最新更新しました

あっこの議会“珍”道中最新No.134を更新しました♪

メニューの「レポート」よりご覧いただけます 

グラフ旭川掲載中♪「あっこの議会“珍”道中」最新更新しました

あっこの議会“珍”道中最新No.133を更新しました♪

メニューの「レポート」よりご覧いただけます

 

一般公開講演会のご案内

核のゴミ問題、あなたはどの程度知っていますか?
 
北海道新聞に、原発から出る核廃棄物・核のゴミについて
連載していた関口記者の報告です。
道北の幌延町への核のゴミの持ち込みは
予断を許さない状況です。
 
核のゴミをどうするのか!?
原発の根幹に関わる問題についての
基本的課題と最新の情報がわかります。
 
下記の講演会は一般公開です。
お誘い合わせでぜひご参加ください!
 

中小企業家同友会
農業部会・環境エコビジネス研究会 合同公開例会

原発と経済・暮らしについて考える集い「幌延と福島からの報告」
 
話題提供 関口 裕士氏 北海道新聞報道センター記者

★ と き:7月4日(金) 18時30分〜21時00分

★電話ところ:ときわ市民ホール
 (旭川市5条通4丁目 TEL:0166-23-5577)

 ★会 費:500円
 
【関口裕士氏プロフィール】
 1971年(昭和46年)大阪府出身。京都大学文学部卒。美術予備校と信用金庫勤務を経て、2000年(平成12年)、北海道新聞社入社。紋別支局を振り出しに、室蘭報道部、東京政治経済部(現・東京報道センター)から、2011年、本社・報道センターへ。
 
2011年「3・11フクシマ」から3年余りが過ぎました。東京電力福島第一原発では、今も、あふれ出る高濃度の汚染水が大地と海を汚し続けています。
  この状況下、国は原発の再稼働を目指す動きを強め、我が北海道で唯一の北海道電力泊原発でも、再稼働に向けた準備が進められています。原発は「トイレなきマンション」に例えられます。旭川から200kmの距離にある道北の幌延町で、その「原発のトイレ」の研究が行われています。原発のリスクは決して他人事ではありません。
  2013年度日本ジャーナリスト会議(JCJ)賞を受賞した北海道新聞の連載「原子力 負の遺産」の執筆を担当した関口裕士記者を講師に迎え、身近で、広い視野から原子力発電と私たちの生活や経済について考えます。公開の合同例会です。奮ってご参加ください。ご回答はe.doyu、FAXまたはお電話、Eメールで同友会事務局までお願いします。

 1  2  3  4  5  6  7  8  9 | 10 | 11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31  32  33  34  35  36  37  38  39  40 すべてを表示

このページの先頭へ

Copyright (C) Atsuko kubo All Rights Reserved.