カテゴリ

エントリー

バックナンバー

クボアツ奮闘記

過去の記事

クボアツ奮闘記のTOPヘ

委員外議員は賛否に参加できるのか?

委員外議員も賛否確認の時に、他の委員と同様、「賛否を明らかにすること」は出来ます。
しかし、議会運営委員会はそもそも賛否を決めるところではありません。
賛否を含む議決は全て本会議で行なうことが原則です。
議運では、賛否の状況を把握して、本会議がスムーズに運ぶようにするだけです。

この4年間、不思議であり、疑問に思っていたことの一つが、
本会議場での質疑や討論、意見開陳が全て終わらないうちから、
議運の場で、賛否を問われるということです。
議会は議論の場であり、意見が違う議員同士の議論や意見交換を経て、
一定の合意形成を図り、議決する機関であるはずなのに、
他の議員の意見や質疑を聞く前に「結論ありき」で良いのだろうか?ということ。


解りきったことやいつものことでも議決が必要なことがあるので、それらは別として、
判断に迷う時や慎重に審議すべきときにも、議運の場で賛否確認をするのは、
「単に議会運びの準備がしやすいためだけ」としか、思えません。
もちろん、「議会は議論の場」と言っても、延々と議論しているわけには行かず、
ある一定のところで収拾しなければならないことから、
ルールや申し合わせが必要なのは理解できますが、
ケースBYケースで、もう少し柔軟な進め方をしていくべきと考えてます。

これも議会改革の一つとして取り組んでいきたいと考えています。

 

2005年1月〜12月

2005年1月〜12月

2004年1月〜12月

2004年1月〜12月の記事

2003年9月〜12月

2003年9月〜12月の記事

このページの先頭へ

Copyright (C) Atsuko kubo All Rights Reserved.