カテゴリ

エントリー

バックナンバー

???????

議会報告

???????のTOPヘ

 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27 | 28 | 29 すべてを表示

プチ天下りは許さない!

明日、予算等審査特別委員会総務所管で
「市の退職職員の再任用」について質疑します。

再任用制度は、平成14年に1回だけ運用されましたが、
市民からの猛反対にあい、翌年から凍結されていました。
それが、凍結解除され、今年から再び運用されます。

ところが、凍結解除を決めるに至った経緯を記録する
文書がどこにもありません。
どんな事務事業でも文書で記録を残すことが
義務付けられている役所で、あってはならない事務処理です。
なぜ、記録がないのか、いつ、誰が、どのような理由で
凍結解除を決定したのか?疑問なところがいっぱいです。

明日は、徹底的に問い質します。
再任用は「プチ天下り」です。絶対に許しません。
断固、闘います。

明日、質疑は、早くて午前11時すぎから、
お昼休みを挟んで、午後1時から始まります。
委員会はネット放映していないので、
残念ですが、傍聴しかできません。

今期、最後の大綱質疑が終わりました!

今日(6日)午前10時から、大綱質疑を行ないました。
大綱質疑とは、議案全体について、大きな視点から
問いださす質疑のことです。

4年間の集大成のつもりで、
真に市役所が行なう仕事とは何か、
市の仕事を担うのは誰か、
事業のアウトソーシングと機構改革への民意の反映
という大きなテーマに取り組みました。

質疑内容と答弁は、後日、アップします。
3日後の9日には、市の議会のHPで見ることもできます。

 

3月6日(火)午前10時から、大綱質疑をします

22日から始まった「平成19年第1定例会」で、
26日に市長の市政方針と教育長の教育方針が発表されました。
それらについて、明日3月2日から、各会派の代表による
「代表質問」が行なわれます。
代表質問は、一往復の質疑ですので、突っ込んだ議論はできませんが、
多岐にわたって、市長の考え方を質疑できます。
もう一歩踏み込んだ議論は、大綱質疑や委員会質疑で行ないます。
私も、6日(火)大綱質疑の第1番目として、午前10時から質疑します。
インターネットでもライブで見ることができますので、ぜひご覧ください。
機構改革と職員制度改革について質疑する予定です。

費用弁償廃止の陳情を採択

本日、平成19年、第1定例会が開会されました。
まずはじめに、「費用弁償の廃止を求める陳情」が採択されました。
この後、議員の報酬に関する条例が改正され、
費用弁償の支給がストップされます。

費用弁償の廃止を訴え続けて4年目にして、やっと実現しました。
少しずつですが、言い続けると変わってくるということを実感しています。
これからも、すぐには変わらないかもしれないけれど、
言い続け、質疑し続け、変えていけたらと考えています。

旭川市の借金の総額を明らかに

第1定例会が明日から始まります。

まず始めは、補正予算の審議からです。
今回の補正予算には、「退職特例債」という借金を
2億円から14億6000万円に増額する議案が提案されています。
12億以上も余分に借りることになった理由、
このことで旭川の借金総額やこれからの財政はどうなるのかを
23日(金)に質疑しようと考えています。
旭川が「夕張」にならないように、議員としてしっかりチェックします。

インターネットで議会中継が見られることになりました。
当日はもちろんのこと、1年間、見られます。
ぜひ、お試しください。

 

 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27 | 28 | 29 すべてを表示

このページの先頭へ

Copyright (C) Atsuko kubo All Rights Reserved.