カテゴリ

エントリー

バックナンバー

???????

議会報告

???????のTOPヘ

 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23 | 24 | 25  26  27  28  29 すべてを表示

エキストラ初体験

旭山動物園をテーマにした映画の製作が始まっています。
監督は、俳優の津川雅彦改めマキノ雅彦さん。
かの有名なマキノ映画監督の甥っ子さんになるとか。

今日は、議場を使っての撮影。
保守派の議員が、「採算の合わない動物園を民間委譲すべき」と
市長に迫るシーンの撮影です。
私たち議員は、議員役としてエキストラ参加をしました。

たくさんのスタッフ(総勢60名あまり)が働く中、
ただ議場に座っているだけでしたが、疲れました。
市長役には平泉成さん、商工観光部長役には笹野たけしさんなど
テレビや映画でお馴染みの俳優さんが演技しているのを
間近で見ることができ、ミーハーな心は大満足。

公開は来年とか。
たとえ1秒だけでも写っているのを観に行きたいと
今からワクワクしています。

 

 

第1定例会始まります

第1定例会の日程をお知らせします

  開会2月21日(木)〜閉会3月24日(月)    通算33日間

続きを読む "第1定例会始まります" »

明日から、視察に行ってきます

アッと気がついたら、1ヶ月以上書き込みをしていませんでした。
ごめんなさい。
第3定例会の最終版から、終了後も、
北海道女性議員協議会の準備
雑誌の原稿書き・講演会の準備
中小企業化同友会の北海道研究会
ニュースの原稿書きとレイアウト
姉小路との姉妹小路提携1周年記念事業の企画
おまけに息子の結婚式の準備などなど、
こなさなければならない事がいっぱいで、
ほんとにアッと気がついたら、もう11月になっていました。

さて、明日5日から、総務常任委員会副委員長班として
視察に行きます。

6日
東京都荒川区
「非常勤嘱託職員の任用制度」
「人事制度改革」

7日
藤澤市
「一般職の人気付職員制度」
「総合評価競争入札」

8日
岡山市
「市民事業仕分け」
「内部管理業務システム化の外部委託」

9日の夕方、旭川に戻る予定です。

視察してきたことを政策に活かせるように頑張ります。

 

 

市役所は江戸時代の幕藩体制のようなもの

9月25日に一般質問をしました。

12月の第4定例会には変更に伴う条例案が
提出される予定なので、その前に提言しておきたいことを数点。

1、市役所の仕事の仕方を変えるために、
  市長直轄の行財政改革推進のための実働部隊を作るべき

2、機構改革に伴い、より一層の組織のスリム化を行なうべき
  ・次長・主幹は期限を決めて削減すべき
  ・水道局は、1部制とし、水道管理者を廃止すべき

3、児童虐待防止などの観点からも、母子保健業務など
  保健所の事務の一部を新設の「こども部」へ移管すべき

4、総合案内については
  ・代表電話(26−1111)に、コールセンター機能を持たせる
  ・本庁の案内機能を充実させる
  ・障がい者やお年寄り、小さいこどもを連れた方のための
   ワンストップサービス室の開設を

5、市役所は、江戸時代の幕藩体制のようなもの
  部長は藩主である大名、市長は将軍さま。
  各藩、自分の藩領を良くしようと思っているので、
  領土(人員・スペース・予算など)は削られたくない
  それでは、国がなりたたない!
  将軍さまの断固たる采配(リーダーシップ)が必要。
  将軍吉宗のような力強い改革を!

  詳しくは、市のHPの市議会中継でご覧ください。



 

動物園の入園料を改定へ

第3定例会の「補正予算等審査特別委員会」での質疑で
私の質問に対して、市は「動物園の入園料の検討も考えな
ければならないときかも」と答弁しました。

今回、市は動物園基金条例を上程し、大規模動物舎の
建設やリニューアルと動物購入に当てるために動物園
会計の剰余金の一部を基金として積み立てるとともに
市民などからの寄付の受け皿づくりをめざしています。
そこで私は基金ができたら動物園計画で示されている
「夢」の実現がどうなるのかを質疑し、現状では基金ができたとしても
「夢」を実現するための財源確保はむずかしいことを
明らかにして、「夢」の実現をめざし基金を増やすためには、
入園料の値上げしかないのではと質疑しました。

現状では、基金が十分に増えないと思われる理由としては
1、入園者が今以上に増加することは収容量も含めてむずかしい
2、遊具等は減少の方向なので、そこからの増収は見込めない
3、18年度決算では、2億円を基金に積むことが可能であるが、
  19年度からはランニングコストの増加などで、2億円はむずかしいなど

入園料の値上げに関しては、市民と市外を区別することも必要であることを
合わせて提言しました。
全国の公立動物園の料金を調べてみると、
1、域内と域外に入園料を区別しているところがある
2、入園料の無料と免除も、旭川市は他都市に比べて
  域内、域外ともに非常に手厚い
ことがわかりました。
市民はこれまで一般会計からの繰り入れとして、
動物園に税金を投入してきており、今後も
大規模動物舎の建設やリニューアルも全額基金から
まかなうのではなく、一般財源からの繰り入れの可能性も
あるというのです。
税金を使ってきた市民と市民以外の料金設定を区別することは、
当然だと私は考えています。

来年度からの改定に間に合うように前向きな検討を望みます。



 

 

 

 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23 | 24 | 25  26  27  28  29 すべてを表示

このページの先頭へ

Copyright (C) Atsuko kubo All Rights Reserved.