カテゴリ

エントリー

バックナンバー

???????

議会報告

???????のTOPヘ

 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12 | 13 | 14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27 すべてを表示

第3定例会が開催されます

平成23年第3定例会

■日程   9月6日(火)開会〜10月4日(火)閉会

開催日程(案)はこちらからPDFファイルが開きご覧になれます

           「開催日程(案)」 

■議案

 ・平成22年度決算の認定

 ・平成23年補正予算

 ・条例改正

 ・その他

議案はこちらからPDFファイルが開きご覧になれます→ 「議案」

 補正予算に、中心市街地3中学校の統廃合関係の予算が計上されています。

 常盤中学校案に対して、西地区の住民から反対の声が上がっていますが、

 予算が通れば、事実上「GOサイン」がでることになりますので、

 補正予算の審議がカギとなります。

補正内容(案)はこちらからPDFファイルが開きご覧になれます

           → 「補正内容(案)」

■久保あつこの一般質問(14日・15日・16日のいずれか)

 1期目から毎定例会において一般質問を行ってきましたが、

 今回は、福島原発事故を踏まえて

 旭川市の市民の安全と安心を確保するために

 今、何をすべきかについて、以下質疑します。

   1.学校給食の放射能汚染対策について

   2.防災計画における原発事故対策について

   3.泊原発3号機についての市長の見解について

 詳しい日程は、後日、決まり次第お知らせいたします。

「中小企業振興基本条例」を可決!

7月1日「中小企業振興基本条例」を可決し、終了!

■中小企業振興基本条例は、議会からの修正案を可決し修正以外の部分を原案通り可決しました。

 中小企業家同友会の仲間との5年にわたる活動がやっと実を結び、感無量です。

  議場には、これまで共に活動してきた市内の経営者の方々も傍聴に来てくださり一緒に喜びを共有しました。

■最終議会では、これまでの市内中小企業の活動を振り返り以下の意見を述べました。 

詳しくは、こちらの添付の資料をご覧ください ⇒ 添付資料 

1、この条例が行政主導ではなく、条例制定に消極的だった市を市内中小企業者の地道な活動が動かすことで、制定まで持っていったボトムアップの条例であること

2、市は消極的だったことから、条文に中小企業者の思いを十分に反映できたとは言えない文言があったことから、議会から修正案が出されたこと

3、大切なことは、条例制定までの行政と企業者の連携協力であった。

  今回のことを教訓に、今後は、条例を基により一層の連携協力を期待したい

■今議会では、一般質問・大綱質疑・委員会質疑・意見開陳とフル活動しました。

  詳しくは、8月上旬に発行される議会報告「あっこの議会つうしんぼ」をご覧ください。

 

第2定例会が開催されます

第2定例会が始まります。

議案・補正予算内容・日程は、添付の資料をご覧ください。

久保あつこは、今期も全議会での一般質問をめざして頑張ります!o(^^)o

第2定例会

日程 6月17日(金)〜7月1日(金) 通算15日間

議案はこちらからPDFファイルが開きご覧になれます→「議案」
補正内容(案)はこちらからPDFファイルが開きご覧になれます

           「補正内容(案)」  

開催日程(案)はこちらからPDFファイルが開きご覧になれます

           「開催日程(案)」  

 

第1定例会が開催されます

日程 2月21日(月)〜3月24日(木) 通算32日間

議案はこちらからPDFファイルが開きご覧になれます→「議案」
補正内容(案)はこちらからPDFファイルが開きご覧になれます

           「補正内容(案)」  

開催日程(案)はこちらからPDFファイルが開きご覧になれます

           「開催日程(案)」  

あっこの議会つうしんぼNO.31出来ました

  

第四定例会が終わり、新しい議会報告「議会つうしんぼ31」が出来ました♪

メニューの「議会つうしんぼ」欄よりご覧いただけます

 後援会レターと「新春のつどい&総決起集会」のご案内は、

メニューの「後援会通信」欄よりご覧いただけます

 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12 | 13 | 14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27 すべてを表示

このページの先頭へ

Copyright (C) Atsuko kubo All Rights Reserved.