カテゴリ

同カテゴリエントリー

バックナンバー

???????

議会報告

« 動物園の入園料を改定へ | 議会報告のTOPヘ | 明日から、視察に行ってきます »

市役所は江戸時代の幕藩体制のようなもの

9月25日に一般質問をしました。

12月の第4定例会には変更に伴う条例案が
提出される予定なので、その前に提言しておきたいことを数点。

1、市役所の仕事の仕方を変えるために、
  市長直轄の行財政改革推進のための実働部隊を作るべき

2、機構改革に伴い、より一層の組織のスリム化を行なうべき
  ・次長・主幹は期限を決めて削減すべき
  ・水道局は、1部制とし、水道管理者を廃止すべき

3、児童虐待防止などの観点からも、母子保健業務など
  保健所の事務の一部を新設の「こども部」へ移管すべき

4、総合案内については
  ・代表電話(26−1111)に、コールセンター機能を持たせる
  ・本庁の案内機能を充実させる
  ・障がい者やお年寄り、小さいこどもを連れた方のための
   ワンストップサービス室の開設を

5、市役所は、江戸時代の幕藩体制のようなもの
  部長は藩主である大名、市長は将軍さま。
  各藩、自分の藩領を良くしようと思っているので、
  領土(人員・スペース・予算など)は削られたくない
  それでは、国がなりたたない!
  将軍さまの断固たる采配(リーダーシップ)が必要。
  将軍吉宗のような力強い改革を!

  詳しくは、市のHPの市議会中継でご覧ください。



 

このページの先頭へ

コメント
投稿者:吉田昌和

議会での質疑を拝見すると将軍自らの改革には期待が薄く感じています。
やはり黒船(外圧)か薩長(議員)の出現に期待します!

ところで政務調査検討委員会の非公開は残念に思いますが、この委員会での改革には期待できますか?

このページの先頭へ

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

このページの先頭へ

Copyright (C) Atsuko kubo All Rights Reserved.