カテゴリ

同カテゴリエントリー

バックナンバー

???????

議会報告

« 公開質問状の結果とその後の動き | 議会報告のTOPヘ | 第2定例議会日程 »

議会改革についての要望事項

新しい議会での議会改革について、各会派、議員に改革の要望事項の提出が求められました。
私は、地方分権時代において議会がその役割を十分に発揮するために必要なことを大きく3つに
分けて整理し、それぞれの分野で取り組むべき課題を上げました。
皆さんのご意見をお待ちしています。

議会改革についての要望事項

 

                                                       無所属・久保あつこ

 

議会の情報公開 ―分権時代の自治にふさわしい、市民に開かれた議会をめざしてー

市民が傍聴しやすい議会運営を心がける
  1. 議会の開催・日程・議題等を予定の段階で、積極的に市民に知らせる
  2. 土曜・日曜・夜間議会を検討する
  3. 委員会の傍聴者が、筆記しやすいように工夫する
  4. 副議長室を廃止し、傍聴者や訪問者の応接室や休憩室、市民向け資料室として使う
  5. 議会で取り扱われる資料を希望する傍聴者に提供する
市民にわかりやすい議会運営を心がける
  1. 議会用語を市民にわかりやすい言葉に変える
  2. 本会議の質疑は一括質問・一括答弁から、一問一答へ変える
  3. 市民向けに、「議会のしおり」(仮称)を作り、配布する
傍聴できない市民への情報提供
  1. 市民課に設置してある庁内テレビで、議会を生中継する。
  2. CATVで放映する
  3. 録画テープを市民に貸し出す、または実費で譲る
  4.  議会庁舎にビデオブースを設置し(副議長室を利用)、希望者は見られるようにする
  5.  議事録音テープを市民に貸し出す、または実費で譲る
  6. 議事録音テープを議会庁舎で聴けるようにする(副議長室を利用)
  7. インターネット配信を各種委員会まで拡大する
  8.  議会のHPに意見箱を設置する

 

代表者会議のあり方を公開も含めて検討する
議長、副議長選挙については、立候補制を導入する
定例会後に出前議会を開催し、議会報告を行い、市民との情報共有に努める
市民団体などとの懇談会を積極的に開催し、情報と問題意識の共有に努める

議論の活性化 ―活発な議論による合議制のもとでの、より良い民意の反映をめざしてー

 

常任委員会の活性化
  1. 市長提出議案以外の所管事務に関しての調査、質疑を積極的に行なう
  2. 委員が開催を求めたときには、委員長はその申し出を尊重し、できる限り開催する
  3. 参考人招致制度を積極的に活用する
  4. 専門的知見の活用を図る
  5. 請願、陳情審議における市民意見の聴取
  6. 理事者への質疑だけではなく、議員同士の意見交換、議論を積極的に行なう
  7. 委員会視察の報告会を行なう
全議員協議会の積極的活用

 

  1. 議決案件であるないに関らず、議員全員で協議すべき課題に関して議論するために積極的に開く
  2. 議員からの開催の申し出があったときは、議長はその申し出を尊重し、出来る限り開催する調査特別委員会の積極的活用

 

 地方自治体の財政問題は緊迫しており、長期的視野にたって見直す必要があ  ることから、旭川市の行財政問題を審議する特別委員会の設置は急務]
 その他、複数の常任委員会に関る事務や全庁的な重要課題に関して、積極的に設置する   
理事者の反問権を認める 

その他 

議会基本条例の制定をめざす

 

 

議会改革について、市民、有識者、議員、議会事務局等を入れた公開の諮問機関を設置し、議員報酬も含めた議会全般について議論いただき、議会改革の参考とする

 

 

議会の維持管理に要する諸経費の削減に努める

 

 

このページの先頭へ

コメント
投稿者:神崎実

現状に於いて、
全面的に支持致します。

投稿者:singi

議会改革についての提案の主旨は分かりましたが、「無党派ネット」の要望とそんなには違いがないように見受けられます。
議会改革は、栗山町のように専門の先生の指導を受けながら、議長自ら先頭に立って行えばすぐにでも出来るのではと素人は考えます。「条例策定」
大まかな流れは、今のままの議会や運営では市民や地域の為にはならないことは心ある市民は知っています。
小異を捨てて大同についてください。

投稿者:吉田昌和

意見の前に初歩的な質問で恐縮ですが、この要望の提出は誰から(どこから)求められたものでしょうか?
今回が初めてでしょうか?
この要望は、今後どういった過程を経て検討・実現されていくのでしょうか?
この要望と議会基本条例の制定との関連性はありますか?

このページの先頭へ

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

このページの先頭へ

Copyright (C) Atsuko kubo All Rights Reserved.